Loading...

水道橋東口クリニック

所在地
 〒101-0061
 東京都千代田区三崎町1-3-12
 水道橋ビル9F
*平成30年1月1日より  〒101-0061
 東京都千代田区神田三崎町
 1-3-12 水道橋ビル9F

地図はこちらから

外来休診日
土、日、祝、盆休み、
年末年始(12/29〜1/4)

※臨時休診日:11/21、11/28

※診療時間は「診療案内のページ
をご確認下さい。
電話予約 ・ お問い合わせ
(受付時間:平日 午前9時〜午後5時)
電話
03-3292-1270
FAX
03-3292-6306
  • 水道橋東口クリニック携帯サイト

このページを印刷

クリニックの紹介

水道橋東口クリニックの特色

  • 午前は外来診療(内科、老年内科)、午後は緊急時対応と専門的対応を強化した機能強化型在宅療養支援診療所として通院が困難な方の訪問診療(老年内科)を行っています。
  • 院長を中心に医師・看護師・医療ソーシャルワーカーが在宅療養の相談に応じています。
  • 健康上のお悩み、病気の治療からご自宅での看取りに至るまで、様々な相談に応じています。高齢者の認知症についてのご相談も積極的にお受けしています。
  • 東大医学部附属病院ほか都内で20を超える病院と連携しています。
  • 産業医活動(企業の健康経営支援)も行っています。
  • 一般社団法人ライフケアシステムの連携協力医療機関です。

水道橋東口クリニックの4本柱

4つの医療サービスで地域医療への貢献をしています。

1.外来診療 (午前/内科、老年内科)

午後は訪問診療のため、午前中のみの診療になりますが、街のかかりつけ医として外来診療を行っているほか、健康上のご相談に応じています。
同じ水道橋ビル内の「結核予防会 総合健診推進センター」と連携し、血液検査、尿検査、レントゲン検査、CT検査ほか各種検査を受けることができます。
高齢者の認知症についてのご相談は、院長(認知症サポート医)が直接お受けしています。
ご予約の上、当クリニックにお越しください。詳しくはこちら

2.訪問診療 (午後/老年内科)

家庭医クリニックとして30年以上にわたり高齢者を対象とした訪問診療を行っており、辻院長は1990(平成2)年より在宅医療に取り組んでいます。
また、緊急時対応と専門的対応を強化した「機能強化型在宅療養支援診療所」として24時間対応の在宅医療を提供しています。

訪問診療を希望される方は、直接お電話にてご相談ください。
老人ホーム等の高齢者施設への訪問診療も行っています。詳しくはこちら

3.産業医活動 (企業の健康経営支援)

日本医師会認定産業医の院長を中心に、企業や団体で働く方々の健康を守るとともに、企業の健康経営の支援を行っています。
*産業医をお探しの近隣の企業様からの新規のご相談に応じています。
詳しくはこちら

4.ライフケアシステムの連携協力医療機関

「24時間電話相談」や「在宅療養支援」を通して会員の健康ケア活動を行っている一般社団法人ライフケアシステムの連携協力医療機関です。詳しくはこちら

その他

当クリニックは、東京大学医学部及び医学部附属病院の協力医療機関として、 医学部学生(学生実習)及び臨床研修医の受け入れを行っています。


詳しい診療案内を見る

お知らせ

  • 今年の11月は臨時休診日が多くなります。休診日欄をご確認下さい。
    (2018年10月)
  • 高齢者生活サポートサイト「ず−っとすこやか!」(第一三共(株)制作)
    続編公開中
    (2018年10月)
    URL: https://www.zutto-sukoyaka.com/
    動画 1.転倒・骨折編
       2.脱水・熱中症編
       3.排尿トラブル編(制作中)
    監修:東京大学大学院医学系研究科加齢医学(老年病科)教授 秋下雅弘先生
    水道橋東口クリニック 院長 辻 彼南雄先生
    このサイトは、高齢の方が、健康寿命を延ばし、日々の生活をよりすこやかに過ごせるよう、ご本人とそのご家族・介護をされている方に情報を紹介するサイトです。
    一般患者さん向けに作成された動画が視聴できるほか、動画の内容をまとめたリーフレット(PDF)のダウンロードが可能です。
  • 「ほぼ日刊イトイ新聞」に飯島勝矢先生のインタビューが掲載されています。
    (2018年10月)
    1998年創刊、コピーライターの糸井重里さんが主宰するウェブサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」で、5回にわたって飯島勝矢先生(東京大学高齢社会総合研究機構教授、当院非常勤医)、カンニング竹山さん、糸井重里さんの鼎談が掲載されています。
    糸井重里が知りたいことシリーズ vol.1 テーマ「歩く」
    誰と「歩く」のか。 たのしく「歩いている」のか。
    第1回  運動神話。(10月9日)
    第2回  歩くってなんだろう?(10月10日)
    第3回  社会的な衰えは、筋肉も自分も衰える。(10月11日)
    第4回  思考のギアチェンジ。(10月12日)
    第5回  人とのたのしい交わりが、いちばん大事。(10月13日)
    *( )内は掲載日です。
    記事はこちらからご覧いただけます。
    https://www.1101.com/shiritaikoto/01/index.html
    *「ほぼ日刊イトイ新聞」で検索していただき、「読みもの」のページを開いていただいても見つかります。
  • 辻院長 講演会
    (主催:千代田区 在宅医療・介護連携推進講演会)
    (2018年9月)
    大好きな町の愛着のある自宅で最期を迎えるために
    日時:10月17日(水) 午後1時30分〜午後3時30分
    会場:かがやきプラザ 1階ひだまりホール(千代田区九段下1-6-10)
    講演内容:住み慣れた自宅で最期を迎えるにはどうしたらいいのか、医療と介護の連携 の実例、本人と周囲の心構えなどについてお話しします。
    対象:千代田区内在住・在勤・在学者
    定員:50名(申込順、10月12日(金)まで)
    申込方法:電話、FAX、メールのいずれかにて
    詳しくは、千代田区在宅支援課 医療と介護連携係
    (TEL:03-6265-6485 FAX:03-3265-1163)にお問い合わせ下さい。
  • 飯島勝矢先生 公開講演会
    (主催:ライフケアシステム、後援:水道橋東口クリニック)
    (2018年9月)
    なぜ老いる? ならば上手に老いるには −健康長寿のための3つのツボ−
    日時:10月6日(土) 午後2時〜午後4時(開場:午後1時30分)
    会場:全水道会館(水道橋駅前)
    定員:140名(要事前参加申込み)
    詳しくは、ライフケアシステム事務局(03-3292-5117)もしくは水道橋東口クリニック(03-3292-1270)にお問い合わせ下さい。参加申込書をお送りいたします。
  • 今年(2018−2019年シーズン)のインフルエンザ予防接種について(2018年9月)
    今年度の接種開始は10月15日(月)を予定しています。接種をご希望の方は、クリニック受付もしくはお電話(03-3292-1270)にてご予約下さい。
  • 飯島勝矢先生テレビ出演 (2018年9月)
      番組:NHK Eテレ 「今日の健康」
      テーマ:“年のせい”とあきらめない!体の総点検(第1回) 筋肉の老化
      放送予定日:9月17日(月)午後8時30分〜8時45分
      再放送予定日:9月24日(月)午後1時35分〜1時50分
      出演:飯島勝矢(東京大学高齢社会総合研究機構 教授)
  • 飯島勝矢先生の著書(新刊本)のご紹介 (2018年8月)
      書名:『健康長寿 鍵は“フレイル(虚弱)”予防(B5判 164頁)
      出版社:クリエイツかもがわ
      著者:飯島勝矢
          東京大学高齢社会総合研究機構 教授
          水道橋東口クリニック 非常勤医師
      出版日:2018年7日27日
      定価:2,160円(税込)
  • 8月1日から、後期高齢者医療の保険証、介護保険負担割合証が変わります。
    (2018年7月)
    新しい「後期高齢者医療被保険者証(青竹色)」は、7月中にお住まいの区市町村
    から届きますので、8月以降に受診される際は、新しい保険証をご提示下さい。
    また、8月は「介護保険負担割合証」の更新月にあたるため、訪問診療を受けて
    いらっしゃる方は、新しい負担割合をお知らせ下さい。
  • 辻院長水曜外来「代診」(2018年6月)
    辻院長の外来は水曜を除く平日午前ですが、以下の日は、飯島医師に代わり、
    辻院長が外来を担当いたします。
    8/8(水)、8/29(水)、9/12(水)、10/10(水)、11/14(水)
  • 高齢者生活サポートサイト「ず−っとすこやか!」(辻院長ほか監修)公開
    (2018年5月)
    第一三共(株)制作による高齢者生活サポートサイト「ずーっとすこやか!」が公開されました。
    このサイトは、高齢の方が、健康寿命を延ばし、日々の生活をよりすこやかに過ごせるよう、ご本人とそのご家族・介護をされている方に情報を紹介するサイトで、東京大学大学院教授の秋下雅弘先生と水道橋東口クリニック院長の辻先生が監修をしています。
    一般患者さん向け動画(「転倒・骨折を防ぐために」)が視聴できるほか、動画の内容をまとめたリーフレット(PDF)のダウンロードが可能です。
    「ずーっとすこやか!」 URL: https://www.zutto-sukoyaka.com/
    パソコン・スマートフォンから「ずーっとすこやか!」で検索してもサイトが出てきます。
    (注)動画が重いため、使用するデバイス(機器)や通信状況によっては、再生が不安定になる可能性があるようです。

お知らせの一覧を見る